レビトラに関するウソとは?

レビトラに関するウソで多いのは、服用すると薬効が切れるまで勃起が止まらないという話です。
持続時間は4~5時間とバイアグラとほとんど変わりませんが、より即効性が高くなっています。
性行為の30分前に服用しますが、空腹状態だともっと早く効きます。
ペニスはガチガチ状態になるので、気持ちよい射精感を得られるのがメリットです。
勃起力は性行為後も続くと思われていますが、これに関しては完全なるウソです。
薬効の持続中、ずっと勃起が続くものではなく、興奮を感じなければペニスは立ちません。
4~5時間ずっと立ちっぱなしではないので、その点はまったく心配はいりません。

レビトラでEDが完治するという話もウソです。
服用することで性行為に合わせてフル勃起状態に導くことはできます。
しかし、EDそのものを予防する薬ではないので、レビトラを飲み続けてもEDは治りません。
EDを完治させるためには、生活を改善していくしかないのです。
心因性の症状の場合は、休職するほど効果的な治療法はありません。
仕事によるうつ病からEDになる方も多く、こうした方は仕事を一時的に休職することで改善するケースが多いです。
男性が仕事から受けるストレスは非常に大きく、勤務時間が長い方ほどストレス解消をする時間を確保できないため、EDを予防することが難しくなります。
一番いいのは思い切って休職をすることであり、それが無理ならば退職をしてしばらく休んでみるのも手です。
転職をして職場を変えたら、ウソのようにEDが治ったという方も多いのです。
半数以上の原因はメンタルにあると言われているため、ストレス過多を自覚される方はゆっくりと休むことが大切です。
環境がEDを引き起こしている以上は、環境を変えないと完治させることはできません。