レビトラ服用の際は硝酸剤などの貼り薬に注意

レビトラはED治療薬です。
ED治療薬と言うとバイアグラが有名ですが、レビトラとバイアグラの違いとしては即効性や食事制限などがあげられます。
バイアグラは食事をしてから服用すると、うまく効果を得ることができませんがレビトラの場合は脂肪分が多い食事ではない限り、食事の影響をほとんど受けることがありません。
そのためパートナーとゆっくりと食事を楽しんで雰囲気が良くなってから、ベッドインすることも可能です。
またバイアグラよりも早く効果が現れると言うのも大きな違いです。
バイアグラは服用してから30分以上しないと効果が現れませんが、個人差がありますがレビトラは早い人の場合は15分ほどで効果が現れてきます。
また持続時間もバイアグラよりも長いというのも特徴です。
そのためバイアグラよりも時間的な余裕が生まれ、あせりを感じることなく利用することができます。
レビトラを購入するには病院で処方してもらう方法と、個人で通販輸入する方法がありますが思わぬ副作用などのトラブルなどを防ぐためには最初は病院を受診して処方してもらうことをおすすめします。
ED治療薬にはレビトラやバイアグラ、シアリスの3種類があります。
これらの共通した副作用としては顔が赤くなるほてりや消化不良、頭痛、吐き気、鼻づまり、動悸、ものが青く見えたりまぶしく見えるなどがあります。
ED治療薬は基本的にペニスの血流を促進する作用があるので、お酒を飲んだときのようにほてりなどの症状が表れることがあるのです。
副作用の症状は時間がたてば治まることが多いです。
狭心症の薬などの硝酸剤を使用している場合にはレビトラなどのED治療薬の服用で血圧が急激に下がることなどがあるため注意が必要です。
硝酸剤には飲薬だけではなく舌下錠や貼り薬、塗り薬などもあります。
処方してもらう際には自分が使っている薬などをきちんと報告することが大切です。