バイアグラジェネリックの中でも人気の高い薬

近年、ジェネリック医薬品という言葉が頻繁に使われていますが、ジェネリック医薬品とは後発医薬品のことを指します。
後発があるからには先発もあります。
つまり、ジェネリック医薬品は簡単に言えば、先発医薬品のコピー薬なのです。

新しい薬の開発には多大な労力と時間、そして費用がかかります。
ですから、製薬会社は新しい薬を開発すると特許を取得し、コピー薬が作られることを防止します。
但し、特許期間は永久ではなく、一定期間を過ぎれば特許は消滅します。
特許切れの先発医薬品のコピー薬がジェネリック医薬品となります。

コピー薬ですから、成分や効果は先発医薬品と同様です。
但し、後発であるが故に先発医薬品の問題点は解決されています。
もっとも、先発医薬品もジェネリック医薬品が出ることを見越して、問題点を解決している場合が多い傾向にあります。
ただ、価格に関してはジェネリック医薬品の方が断然安くなっています。
ですから、ジェネリック医薬品は患者にとって、とても嬉しい薬なのです。

ED治療薬として一大センセーションを巻き起こしたバイアグラですが、特許は2014年5月に切れています。
ですから、バイアグラのジェネリック医薬品は存在しています。

バイアグラジェネリックで人気の高い薬は、カマグラゴールドとカベルタです。
どちらも、会社は違うのですが、インドの製薬会社から販売されています。

シラグラで今日から始めよう、ED治療

シラグラはED治療薬で有名な米国のファイザー社が開発したバイアグラのジェネリック医薬品であり、インドシプラ者が開発したED治療薬です。
シラグラはバイアグラと同じシルデナフィが有効成分であり海綿体の血流を増やすことによってEDを改善してくれる効果があります。
服用方法は性行為の1時間前25㎎から50㎎を服用します。
服用回数は1日1回までとなっており、服用間隔は24時間あける必要があります。
効果が得られないからといって大量に飲んではいけないのです。
シラグラの服用を希望する場合には医師の診断を受けてから服用することが望ましいです。
65歳以上の方や肝障害などがある場合には25㎎から服用したほうが安全ですが、医師の診断を受けずに自分の判断で服用してしまうと大目に飲んでしまうなど危険な場合もあります。
シラグラの副作用はほてり、頭痛、めまいなどがあげられていますが軽症の事が多く大きな副作用は出ていないようです。
もし副作用が出てしまうようであればすぐに服用をやめて医師に相談する必要があります。
注意事項としては女性の服用が避けて、食事に影響を受けやすいので空腹時に飲むこと、服用してから4時間以上経っても勃起がおさまらない場合は医師に相談することです。