シラグラはなんでこんなに安いの?

シラグラは、バイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラは、アメリカの製薬会社が開発したED治療薬です。
主成分は、クエン酸シルデナフィルです。
このクエン酸シルデナフィルを使って、インドの製薬会社がバイアグラそっくりに作ったのがシラグラです。

シラグラは、バイアグラと同じ成分で作られているので、効果もほぼ同じです。
しかしバイアグラに比べると、価格が安いです。
バイアグラは1錠あたり1500円ほどですが、シラグラは150円から300円ほどで購入できるのです。

成分や効果が同じなのに、なぜここまで安いかというと、その理由はインドの特許事情にあります。
インドには成分に関する特許が存在しません。
そのためバイアグラを作った製薬会社に特許料を支払うことなく、クエン酸シルデナフィルを使ってバイアグラそっくりの薬を作ることができるのです。
しかも開発費は、それほどかかりません。
組成はバイアグラにならっていますし、臨床実験もバイアグラによって十分におこなわれているからです。
開発費があまりかからず、特許料も支払う必要がないため、安く販売できるわけです。

ただしシラグラは日本では販売されていないため、入手するにはインドから個人輸入をする必要があります。

バイアグラの10分の1!安いぞシラグラ!

ED治療薬として、最も有名なものに「バイアグラ」があります。
バイアグラは日本国内でも多く使用されており、その効果も実証されています。
しかし、問題点があります。
それが価格が高いということです。
バイアグラは一般的な薬局で気軽に購入することが出来るものではありません。
購入には医師の処方が必要になります。
高価な治療薬であるため、なかなか使用することが出来ないということが多いようです。

バイアグラが高くて悩んでいるという人にオススメなのがバイアグラのジェネリック医薬品である「シラグラ」です。
これは、インドの製薬会社が開発・販売している治療薬ですが、成分はバイアグラと同様のものが使用されているため、効能や副作用などは全てバイアグラと同様です。
違いとしては、バイアグラと比べて10分の1と安い値段で手に入れることが出来ます。
そして、もう一つ、日本国内では認可されていないので、手に入れることが出来ないということがあります。
手に入れるためには、個人輸入をする必要があります。
個人で使用する分には医薬品を輸入しても違法にはなりません。

シラグラの副作用としては、空腹時に服用する必要があるということと、副作用として眠気を感じるということなどがあります。